(仮)徒然旅行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 三溪園 外苑

<<   作成日時 : 2017/06/11 22:00   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 2

横浜といえば洋館というイメージでしたが、こちらでは数多くの日本建築を見ることができます。

画像

「三溪園(さんけいえん)」です。
明治初年に横浜の豪商原善三郎が購入した土地を孫婿の原富太郎 (三溪)によって整備されたものです。
入園すると大池とランドマークの三重塔が見えます。いきなりスケールの大きさに圧倒されました。

画像

このあたり、公共交通機関がバスしかなくアクセスがちょっと不便です。そのせいかタクシー数台がが入口で客待ちしてました。
ちなみに「三溪」とはこの地の地名「三之谷」の地名からで、原富太郎がそこから三溪と号したことに由来するそうです。

画像

時期柄花菖蒲がたくさんきれいに咲いておりました。

画像

花菖蒲を見ながら奥へと進んでいきます。私の腕ではあまり綺麗に見えませんね(亡)。

画像

紫陽花も綺麗でした。

画像

それにしても三重塔の存在感がすごい。

画像

旧燈明寺本堂です。
京都にあった燈明寺の本堂で室町時代初期の建築物だそうです。
戦後直後に台風で大破し、解体され長年格納されていたものを移築したものだそうです。

画像

白川郷の合掌造民家である旧矢箆原(やのはら)家住宅です。
ダム建設によって水没してしまうため、三溪園に寄贈されることになったそうです。

画像

江戸時代中期の建築物で、内部を見学することができました。こちらは「アマ」と呼ばれ、養蚕が行われていた屋根裏の様子。

画像

室内の囲炉裏には薪がくべられて、煙の匂いが昔の生活を彷彿とさせていました。
これは建物の保護にも一役買っているそうです。

画像

旧東慶寺仏殿です。
縁切寺で有名な鎌倉の東慶寺にあった仏殿で明治時代に移築されたものだそうです。、 禅宗様の特色を色濃く残す数少ない建物だそうです。

画像

寒霞橋(かんかきょう)と横笛庵。

画像

小高い丘を登ってきてランドマークである旧燈明寺三重塔へ。
こちらも京都にあった燈明寺のもので、本堂に先駆けて大正時代に移築されました。
ちなみに燈明寺自体は廃寺同様だそうです。(宗教法人としては存続)

画像

ゲストハウスとして使われていた松風閣跡です。
元々は原善三郎が別荘として建てたものが由来で、建物は関東大震災により倒壊してしまいレンガ造りの遺構の一部が現地に残っていました。

画像

松風閣と呼ばれる展望台から横浜港を望む。
コンビナート、高速道路はもちろん、SLが見える公園を含めて昭和30年代まで海で、三溪園は直接海に面しておりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
名前は知ってましたが、これほどの規模とは。
構造物も見事です。
良いシーズンに行かれたようですね。
やはり緑が生き生きしてる時が見頃でしょう。
りう
2017/06/18 00:12
りう様
コメントありがとうございます。
私も行って規模の大きさに驚きました。
天気も良くてまさに撮影日和でした。
今度は紅葉が鮮やかな秋に訪れて見たいと思います。
御厨十四彦
2017/06/18 08:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
三溪園 外苑 (仮)徒然旅行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる