(仮)徒然旅行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 三溪園 内苑

<<   作成日時 : 2017/06/11 22:27   >>

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 4

原家が私庭として使用していた三溪園「内苑」へ。

画像

内苑の中心にある臨春閣です。
江戸時代初期に建てられた旧紀州徳川家藩別邸で1915年に移築されたものです。

画像

檜皮葺き屋根の数寄屋風書院の建物で、第三屋のみが二階建てになっておりました。

画像

第一屋にある玄関。

画像

橋の上に屋根がある「亭榭」と呼ばれる橋です。
どこかで似たような物を見たような気がしたら、規模は違いますが平安神宮の神苑にある泰平閣(橋殿)でした。

泰平閣(橋殿)↓
http://navalin.at.webry.info/201001/article_3.html

画像

二層の楼閣が特徴的な聴秋閣と呼ばれる建物です。

画像

元は、徳川家光が二条城内に建造させたもので三笠閣と呼ばれておりました。後に乳母であった春日局に下賜され、その後移築を繰り返し現在地に建てられました。その際に名称も聴秋閣と改められたそうです。

画像

徳川家康によって伏見城に建てられた月華殿という建物です。
宇治にある三室戸寺金蔵院より1918年に移築されました。

画像

月華殿の隣にある金毛窟と呼ばれる茶室で、こちらは原三溪によって大正時代に建てられました。
時代が違う建物が並んで建っているのがとても面白いと思いました。

画像

旧天瑞寺寿塔覆堂(てんずいじじゅとうおおいどう)です。
豊臣秀吉が母の長寿を祝って建てたものといわれており、現在秀吉が建てたものと確認できる数少ないものだそうです 。
ちなみに寿塔とは、長寿を祝って生存中にたてる墓のことで、それを覆っていたお堂ということです。

画像

京都東山の西方寺にあった薬医門が内苑の入口に移築されていました。

画像

鶴翔閣と呼ばれる、原家の私邸です。上空から見た形が鶴が飛翔している姿を思わせることから名づけられたそうです。

画像

巨大な車止めがあります。個人的に日本建築では初めて見ました。
関東大震災、横浜大空襲などを経て多くの改変がなされたそうですが、建築当初の姿に復元され現在も結婚披露宴や展示会に利用されています。この日は予定が入っていたので非公開でした。

画像

二時間近くかけてゆっくり回らせて頂きました。どこもとても見ごたえがありました。
帰って確認するといくつか見ていない建物もありましたね〜紅葉が綺麗な季節にまた訪れてみたいですね。

ちなみに入場料は500円ですが今年の7月から700円になりますのでご注意ください。

画像

この日は山手駅から本牧山頂公園〜三溪園〜横浜競馬場のある根岸森林公園から山手駅へ戻るコースを歩きました。(約13.2km 約4時間半)
地図には見えないアップダウンが距離以上に意外ときつかったです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おもむきがありますね
HAPPYmountain
2017/06/14 12:48
HAPPYmountain様
コメントありがとうございます。
趣もありましたがスケールも大きかったです。
御厨十四彦
2017/06/15 20:43
いやいや、驚きです。
りう
2017/06/18 00:14
りう様
コメントありがとうございます。
7月から値上がりしますがそれでも見る価値はありますのでオススメです。
御厨十四彦
2017/06/18 08:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
三溪園 内苑 (仮)徒然旅行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる