(仮)徒然旅行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤坂迎賓館 2016年一般公開

<<   作成日時 : 2017/06/17 09:43   >>

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 4

2016年4月に行われた赤坂迎賓館の一般公開に行ってきた時の写真です。

画像

迎賓館の正面玄関です。洋館特有の車止めがとても重厚感がありました。
【撮影日はずべて2016年4月23日】

画像

現在の迎賓館の建物は、東宮御所として1909年に建設されたものだそうです。
ちなみにこの当時の東宮(皇太子)は嘉仁親王(後の大正天皇)

画像

鹿鳴館などを設計したジョサイア・コンドルの弟子の片山東熊の設計です。
全体が収まりきりません。

画像

残念ながら住居としての使い勝手が必ずしも良くなかったそうで、その後離宮として扱われることとなり、その名称も赤坂離宮と改められました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像

普段は遠く柵の外側から拝む事しかできませんでしたが、近くで見ることができて細部の豪華さを目の当たりにすることができました。

画像

正面玄関の上に日本らしい鎧武者の屋根飾り。

画像

天皇を『武勲の者』という印象を表現するものだそうで、西洋の宮殿建築に日本風の意匠が混じった装飾が面白いです。

画像

前庭も綺麗に手入れされておりました。

画像

普段見られない正面のゲート内側。

画像

この時は館内見学にものすごい方が来られていて、ある種ブームになっていました。

2016年度からは観光振興のため時期によって一般公開されているそうで、迎賓館前庭は申し込み不要で無料、本館・主庭、和風別館はインターネット申し込み、ネット申し込みできなくても正門前で当日整理券が配布されて有料入館できるそうです。(内部は撮影禁止)

迎賓館一般公開スケジュール↓
http://www8.cao.go.jp/geihinkan/koukai.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい建物ですね。現物を見てみたいですね。
HAPPYmountain
2017/06/18 17:19
HAPPYmountain様
コメントありがとうございます。
機会があったら是非お薦めします。
御厨十四彦
2017/06/19 21:03
明治時代ですかね。
和洋折衷様式に時代を感じます。
純西洋にしないことに意味があったのでしょう。
昭和に入ってからの帝冠様式は和に振れてますが、やはり折衷ですね。
不思議と魅力を覚えます。
りう
2017/06/23 22:45
りう様
コメントありがとうございます。
やはり天皇家のための建物なので、どこかに日本的なものを入れようということでしょうね。
日本独自の帝冠様式のように、和洋折衷になるまでの過渡期にあたる建物なんでしょうね。
御厨十四彦
2017/06/24 06:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤坂迎賓館 2016年一般公開 (仮)徒然旅行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる